少年刑務所とはどんなところ

 

 

人は罪を犯せば捕まり、刑務所に入れられますが、すべての者が同じ刑務所にいれられるわけではありません。また、刑務所に入る者が大人なのか子どもなのかの違いで収容先は異なります。

 
少年刑務所には、家庭裁判所による少年審判の結果、保護処分よりも懲役や禁固などの刑罰を科す方がふさわしいと判断された26歳未満の受刑者が収容されます。

 

ここでは子どもとは扱われず、成人とほぼ同等の扱いを受けることになります。

 

実際には、若者は成人した受刑者に比べて更生の可能性が高いので、一般的な刑務所よりも生活ルールや人間関係などを厳しく指導し、社会というものを理解させることで確実に更生できるように促しています。

 

また、成人した犯罪傾向の強い受刑者と同じ刑務所に入れることで、悪い影響を受け、更生の可能性を摘んでしまわないようにするためにもこのような刑務所が設けられています。

 

そのため、非行少年を社会に適合するために矯正教育を受けさせるための施設、少年院と、成人した一般の受刑者が罪を償うために収容される刑務所との中間の施設となっています。

 
このようにして、更生の可能性を高め、かつその障害となりそうなものと隔絶された施設がこの種類の刑務所です。